Fukuyuka - ふくゆか

コンセプト

いにしえの時を越え、森の恵みがよみがる。日本古来の天然素材がコラボした新しい木材。「福井の杉」と「柿渋」、2つの天然素材から生まれた安全・安心のmade in Japan 木材「Fukuyuka〜ふくゆか〜」。森の恩恵が、まるで浴衣をまとうような豊かで上質な暮らしを運びます。

福井の極寒の冬を耐え抜いた「越前の杉」と、
平安時代から伝わる伝統塗料「柿渋」。

厳しい冬を耐え抜いた樹齢100年を越える越前福井の杉材。日本の家にかかせない良質木材ですが、弱点は「やわらかさ」でした。柿渋を注入し圧密をかける技術により、耐久性が高く床材にも適した、からだに優しい商品に生まれ変わりました。時を重ねるごとに味わいが深まる、自然な木材です。

コンセプト写真

特徴

柿渋

何百年という歴史を持つ、伝統塗料「柿渋」。昔から漆の下塗りや和傘の防水塗料など、様々な用途に使われてきました。最近では、防腐・消臭効果や抗菌効果、シックハウスの原因でもあるホルムルデヒドを吸着・除去する効果に期待が高まっています。柿渋の主要成分「柿タンニン」をたっぷり含むことができる浸透性の高い杉材は、柿渋本来のパワーを高めます。

柿の写真

圧縮技術

柿渋を木材に注入塗装後、圧密加工を施します。圧密加工とは、ロール圧密という技術により表面を硬くし、耐摩耗性を向上させる技術です。これにより耐久性も高まり、焼付塗装のような仕上がりに。柿渋の機能が長持ちし、樹脂を木材に含ませる方法よりも杉の風合いが保たれます。

圧縮技術の写真

商品詳細

柿渋含浸圧密処理木材 Fukuyuka 〜ふくゆか〜

特許出願中

サンプル写真
<使用素材>
  • 福井県産/足羽杉・河和田杉
  • 京都府産/「柿渋」( 株式会社トミヤマ製)
樹種 種類 長さ(㎜) 巾(㎜) 厚み(㎜) 入り数(枚)
フローリング 上小節 3950 105 15 8
フローリング 上小節 3950 90 15 9
フローリング 上小節 1950 105 15 16
フローリング 上小節 1950 90 15 18
羽目板 上小節 3950 105 12 8
羽目板 上小節 3950 90 12 9
羽目板 上小節 1950 105 12 16
羽目板 上小節 1950 90 12 18
外部下見板(相欠板) 上小節 3950 180 15 5
外部下見板(相欠板) 上小節 1950 180 15 10
  • 単価は税別単価です。
  • エンドマッチ加工はありません。
  • 塗装は基本4色です。
色見本

左から柿渋、古代色、柿渋色、かき色

  • (株)トミヤマ製柿渋並びに柿渋コートGを使用。
  • 上記以外の製品も製造いたします。別途お問い合わせくださいませ。

このページのトップへ